iPhone修理専門のリンゴ屋なんばパークス店はiPhoneのガラス割れ修理、液晶修理、水没修理、電池交換、ボタン修理など、当日修理いたします。

直らなければ0円なので安心

電話でのご相談

050-5372-8006

営業時間:11:00~21:00
定休日:年中無休(施設休館日に基づく)

修理日記

iPhoneのバッテリー容量をまとめてみた

2020/01/26

毎度ありがとうございます!

リンゴ屋なんばパークスです。

 

モバイルバッテリーに『スマホ○○回分充電できます!』って書いてあるじゃないですか。

でもスマホによってバッテリー容量って全然違うんですよね。

 

iPhone史上最もバッテリーが長持ちするとCMしていたiPhoneXRとコンパクトさがセールスポイントのiPhoneSEでは、モバイルバッテリーで充電した場合の回数に差が出るハズ!!

 

ということで歴代iPhoneのバッテリー容量をまとめてみました。

 

 

でかい!!iPhone11ProMAXは4000mAh近い容量があるの!?

よくご依頼いただくバッテリー交換がiPhone6sとiPhone7なので、iPhoneのバッテリー容量って2,000mAh弱のイメージだったのに…

 

iPhoneXRとiPhoneSEを比べると2倍くらい差がある!!

 

これだけ差があれば、充電できる回数にハッキリと差が現れるでしょう。

 

8,000mAhのモバイルバッテリーを使用した場合、iPhoneXRは2.7回充電できます。

それに対してiPhoneSEなら5回もフル充電できます。

 

大は小を兼ねますが、容量の大きいモバイルバッテリーはそれだけ高額になりますし、サイズも大きく、重くもなります。

 

モバイルバッテリーを購入する際は、自分のiPhoneの容量がどれくらいで、想定する使い方で何回充電できればOKか考えてみるといいですね!

 

日常的に使うものなら3000mAhのコンパクトな商品を選べば持ち運びの負担になりませんし、非常時に家族全員のスマホを充電したいのならば10,000mAhとか。

 

とはいえ、モバイルバッテリーも、iPhoneのバッテリーと同様、リチウムイオン電池で、繰り返し使用することで劣化します。

 

iPhoneのバッテリー交換は当店でできますし、モバイルバッテリーも取り扱っておりますよ!!と、結局宣伝でした。

 

ご来店おまちしておりますwink