iPhone修理専門のリンゴ屋なんばパークス店はiPhoneのガラス割れ修理、液晶修理、水没修理、電池交換、ボタン修理など、当日修理いたします。

直らなければ0円なので安心

電話でのご相談

050-5372-8006

営業時間:11:00~21:00
定休日:年中無休(施設休館日に基づく)

修理日記

【バッテリー編】万が一バッテリーが爆発したらどうする!?

2019/11/28

毎度ありがとうございます

リンゴ屋なんばパークスです!

 

【バッテリー編】もいよいよラスト!

 

PSEマークが有れば安全に設計されているけど

高エネルギーなので危険

というお話をしてきましたが

 

いざ、バッテリーから煙が出た!とか

爆発した!となったら

どうしたらいいんでしょう??

 

「火」といえば「水」じゃないですか。

 

花火をする際にもバケツに

水をいれておきますよね。

なのでスマホやモバイルバッテリーから

「火」「煙」が出たら「水」!!

 

ちょっと待った!!

 

「水」はダメなんです。

リチウム電池で出来ていますから

水をかけると「水」と「リチウム」が

「化学反応」を起こして

発生した水素で一層燃えちゃう恐れも

 

 

ただしバッテリーに含まれるリチウムは

幸い大量ではないので

もし近くに「水」しかなければ

ビッチャビチャになるまで

水をかけ続けましょう。

 

その際煙は有毒なので、くれぐれも

吸い込まないように!

 

大量の砂をかけて埋めてしまうのも有効です。

 

消火器があればもちろんそれが最優先

 

そうならないように、普段から

大切に取り扱って下さいねwink

 

あと、捨てる際にも不燃ごみや

粗大ごみで出さないように。

ゴミを粉砕する際に燃えちゃいます。

 

リサイクル工場での発火事故128件のうち

80件は小型電化製品に入っている

リチウムイオン電池が原因だったそう。

 

スマホやモバイルバッテリー、電子タバコや

ゲーム機など、本体とバッテリーが

一体化の商品が増えております。

 

事故にならないよう処分する際は

購入店や、家電量販店、携帯ショップなどで

回収してもらいましょう。

 

ということで【バッテリー編】これにて

終了!!次は何にしようかなあ